輸入車を1万円でも高く売る方法

事故や修復した車の査定に関して

車に乗っていると思わぬトラブルが発生する事があります。タイヤのパンクや装備品の故障、駐車違反やスピード違反など様々ですが、最も不安になるトラブルが「事故」ではないでしょうか?
事故を起こしてしまうと、相手に対する補償(体・車など)が発生するだけではなく、自分の車も修理する必要が出てくる場合もあります。しかも、それが売却を予定している車だった時には、「事故を起こした車は査定が付く?「修理した事ある車の査定金額はどれくらい?」などの不安も出てきます。

 

そこで今回は、「事故や修復した車の査定について」と題して、車査定と事故歴・修復歴がある車との関係をご紹介します!

 

・そもそも「事故車・修復歴車」とは?

 

事故といえば、運転中の追突・脱輪・衝突などが考えられます。また、事故を起こしてしまうと、自分や相手など原因に関わらず、その車は「事故車」となります。一方、先程ご紹介した事故はもちろん、運転中にブロックにぶつけた・ボディの塗装が剥げてきたから塗り直したなどの理由で、点検や修理を行った車は「修復歴車」となります。

 

これらを見比べてみると、事故と修復には「明確な基準や違いがない」事が分かります。よって、厳密に言えば、「修復歴車=事故車」と判断も出来るのです。ちなみに、車の形が変わる程の事故を起こした車は「事故車」、その修理を行った車を「修復歴車」となります。

 

・事故車・修復歴車の査定における価値

 

先程は、事故車と修復歴車についてご紹介しましたが、事故車と修復歴車の「実際の車査定における価値」はどうなっているのでしょうか?

 

とある自動車買取業者のスタッフは、車査定を行う前には必ず「事故や修復は行いましたか?と質問する。また、事故や修復を行った事実を隠して査定を行い、後日それが発覚した時には訴える事もある」と話しています。さらに、「事故車や修復歴車でも、使える部品は外して他に回すので、一概に価値が無いとは言えない」とも話していました。

 

これらの話を考えると、「事故や修復をした車でも需要がある」事が言えますし、海外では修理をすれば動かせる事故車でも価値はあまり下がらずに、日本では考えられない高額査定が付く事もあります。

 

・インターネットの「車一括査定サイト」で業者探し

 

事故車や修復歴車を査定してもらうには業者を探す事になりますが、最近利用者が増えている、インターネットの「車一括査定サイト」を利用してみるのもおすすめです。必要事項を入力した後に、折り返し買取業者から連絡が来ますが、その中に「事故車・修復歴車を専門に買い取る業者」も含まれている事があります。

 

それらの業者が見つかった際には、迷わず車査定を依頼しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ