輸入車を1万円でも高く売る方法

車の売却で自動車税の還付が受けられる?

車を売却すると手元に入ってくるお金には様々な種類がある事をご存知でしょうか?単純に車を売却した時には、査定マンが査定基準・査定する車の状態などを総合的に判断して提示された金額が手元に入ってきます。この金額は車両本体の価格と言っても良いでしょう。しかし、この車両本体価格以外にも手元に入ってくるお金があります。そこで今回は「車の売却で自動車税の還付が受けれる?還付と返金の手順」と題して、なかなかイメージが付きにくい自動車税の還付と返金についてご紹介します!少しのポイントでお金が戻ってくるなら必見です!

 

・車の売却した時に「月割り」で還付される

そもそも自動車とは、毎年4月から翌年3月までの1年間の税金として徴収されます。4月に車を購入したなどであれば分かりやすいですが、通常は年の途中で車を購入したり売却したりしています。そのため、月割りで自動車税が計算される事が大半です。では、車を売却した時の自動車税は還付されるのでしょうか?結論としては「月割りで還付されます」。ちなみに、自動車税は所有している人ではなく「使う人」に課税されます。車をローンやリースで購入した場合は、所有者は信販会社などになりますが、使う人はドライバー、実際に車を運転する人になります。

 

・買取業者が出してくる「自動車税の還付委任状」に注意

先程は、自動車税は売却した時に還付されるとご紹介しましたが、その際に注意しておく事があります。それは買取業者が出してくる「自動車税の還付委任状」です。この委任状は、自動車税の還付を「買取業者に委任します」との意味があります。すなわち、「自動車税の還付を買取業者へお願いします」と宣言した事と同じ事となります。この委任状は車を売却した時の手続きで買取業者が出してくるので、言われるがままにサインをしない様に注意しましょう。これらの事を知らずに後々トラブルになる可能性があるので、事前に「自動車税の還付はありますか?」と確認すると安心です。

 

・還付と返金の手順

では、実際の還付と返金の手順はどの様にすれば良いでしょうか?還付される事が決まった約1〜2ヶ月後に、印鑑証明書に記載された住所に「還付通知書」が郵送で届きます。その後は印鑑と通知書を金融機関へ持参して手続きを行えば返金完了です。ちなみに、この自動車税の還付は「軽自動車には適用されません」ので、軽自動車の売却を予定している方は注意が必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ